事業拡大に適した経営手腕|M&Aのメリットとは

合併がもたらす両社の利点

手

目的と方法

M&Aには目的があり、その方法は異なります。大企業が中堅小型企業を傘下に収める子会社化、合併比率の強弱がある場合、対等合併、敵対的買収、友好的合併などがあり、敵対的合併では株式公開買い付けを行ったりする時には強引な手法もとられます。ただ、合併後の両社のメリットとして市場規模拡大による競争力強化やコストの削減、2社の技術力向上や、増収益などの目的があり、これらの目的はM&A完了後の企業に対してメリットとなります。また、合併比率の弱い企業の場合、企業規模拡大後に市場に残存するメリットや後継者の問題を解消するメリットなどもあります。M&Aには、メリットを得た裏側にデメリットも存在します。雇用の確保を目的としながら合併比率の低い企業の解雇が余儀なくされるケースもあります。

会社環境を守る目的

M&Aには会社環境を守るための目的があります。今後、国内企業は少子高齢化や、グローバル化の厳しい状況を受け止めなければいけない状況が続くでしょう。少子高齢化は雇用の確保や社会福祉の問題、グローバル化は進む新興市場が今後先進国の脅威となり、市場競争激化により、企業環境が厳しくなります。企業環境は、賃金や経費、シェア、新規事業の展開など数多くあります。企業は社員や資産、株主、金融機関、連携企業、グループ会社などのサポートにより経営が成り立っています。市場競争で脱落すれば、多くの犠牲が出るため、M&Aの成功がリスクを最小限に抑え、多くの企業環境を守り、会社や企業環境に対して合併後のメリットを最大限にします。