事業拡大に適した経営手腕|M&Aのメリットとは

ビジネス改革を実現

オフィス

ビジネススピードに対応

バブルの頃と違い、商品を世に送り出せば、必ずヒットするとは限りません。消費者のニーズも多様化しているため、爆発的なヒット商品を開発してそれを長期間にわたって利益を上げ続けることは今の時代では難しいのです。そのため、事業拡大を行う事は年々難しくなっているのです。その中で企業戦略としてM&Aを利用することが注目されています。これは、競合他社と差別化を図るだけのシェアを作り上げることや、異業種への参入を時間をかけずに行うなどのメリットがあります。特に異業種参入へは、ビジネスのスピード化に伴い、ゆっくり時間をかけてノウハウを獲得している余裕はありません。今、参入すべき事業には、M&Aを行ってでもすぐに参入する価値があるのです。

環境変化を考慮

M&Aのメリットは、他にもあります。内部統制など会社内部の組織を統一化させるなどの効果もあります。メリットとしてコスト削減を行う事ができるのです。特に間接部門など非生産部門においては、少しでもコスト削減を実施することが望ましいのです。利益体質に変革させるにも、現状の組織体制では物理的な限界があることも少なくありません。そのためM&Aを利用することで簡単に利益体質を築くことができるメリットがあるのです。しかしM&Aの成功は簡単ではありません。他の企業の部署を取り入れることになるため、環境の大きな変化は否定できないのです。目的を明確に持つことと、どのように体制構築を進めていくのかを明確にしておかないと失敗する可能性があるのです。